メニューまで移動する

とりココBlog - 福島県郡山市のITブログ

電通のサッカーW杯戦犯疑惑、そして報復行為?

2006年06月20日

電通のサッカーW杯戦犯疑惑、そして報復行為?

めちゃくちゃな文章になってしまった…

6月12日、「日本 対 オーストラリア」1-3で日本敗れる…

W杯、対オーストラリア戦。ミスジャッジとか西日の関係とかいろいろいわれているけど、結果、日本敗れる。無念…

6月14日頃から電通ウェブサイトのポリシーがヤリ玉に

で、話は変わって、同時期に電通のウェブサイト・リンクポリシーの問題が取りざたされる。

広告業界最大手の株式会社電通のWebサイトにある「このサイトのご利用にあたって」を見ると、著作権よりも先に「リンクについて」が規定されており、「当社サイトへのリンクは、原則お断りいたします。特に以下のリンクは固くお断りいたします」とされている。
電通、「ハンドルネーム等により運営されているサイト」からのリンクを固くお断り

#リンクポリシーは難しい問題。個人的には寛容な姿勢を望むけど…

6月18日、「日本 対 クロアチア」0-0 引き分け

続いてクロアチア戦。川口の好プレー、中田のミドルシュートなど見所あるも0-0の引き分け

試合後、ジーコ監督がインタビューでテレビに苦言

と、ここで試合後のジーコ監督のコメント。

「残念ながら、テレビ局の都合もあり、この時間にやらざる得なかった。この暑さの中では日本のスタイルが出せなかった」と、不満を漏らしていた。
ジーコ、不満を漏らす - livedoor スポーツ

このコメントの理由というのがどうもこのことらしいのだが…

噂では、日本の視聴率が上がる時間に合わせて、現地ドイツでは酷暑で試合が行われるはずのない時間帯に、日本の2試合をごり押ししたのは電通と言われている。
天漢日乗: W杯 クロアチア対日本 0-0 日本苦戦の戦犯は電通か?

電通が黒幕だという疑惑らしい。

#ついでに日本の主要メディアにもこの発言をほとんど報じていないとして飛び火。

電通のウェブサイト叩きは報復行為?…ではないよな。

で、以上。時系列で追ってみたのは「電通のウェブサイト叩きは報復行為かな?」とか思ったからなんだが、なんかまとめてみたら可能性は薄いっぽかった。意味ねぇ…

まー、それにこれらの噂が真実だとして、利益優先のメディアが悪いのか、それをイイワケにするチーム・監督が悪いのか、はたまたあいまいな運営のFIFAが悪いのかっていう難しい問題に…。できれば選手たちには心おきなくプレーしてもらいたいってのが個人的な意見だが。

強引なまとめ

とりあえず、涼しいときのサムライ日本は超強いかもしれない!ブラジルも目じゃないかもしれない!ガンバレ日本!

#あ、あと無断リンクもご寛容になりますように。

スポンサードリンク

コメントとトラックバックを読む

この記事へのコメント

こんばんわー。
私も先日どこかで試合時間の件、聞きました。
個人的には相手も同じ状況でやってるわけだから環境自体はイーブンかなぁといった所です。

しかし選手にとってみれば最悪のコンディションですよね。
勝ち負け関係なく、これだけの大会なんだから「いい試合」というか記憶に残る名勝負ってのを視聴者としても見たいし、そういう試合展開ができたかもしれない時間帯を外して視聴率を優先したっていうのは嫌だなぁ、と思います。まぁ実際今日みたいに明日の朝4時とか言われるとキツいってのもありますけど(w

リンクについては私も寛大でいてほしいです。電通みたいな大きな所こそリンクする価値やメリットに重みを置いて欲しい感じがしますけどね。過去に大きなリンクデメリットでもあったのかなぁ。。。
Redさんによる [2006年06月23日 00:31] の投稿。No.1
>>1
>>Redさま

どもです。

> 個人的には相手も同じ状況でやってるわけだから環境自体はイーブンかなぁといった所です。

そうですよね。もし仮に電通さんがゴリ押ししたことが真実だったら相手のチームもかわいそうですよね。(^-^;

> まぁ実際今日みたいに明日の朝4時とか言われるとキツいってのもありますけど(w

キツいですね。でも今日はがんばって観ようと思ってます。(仕事も溜まってるので…)

> 過去に大きなリンクデメリットでもあったのかなぁ。。。

あースルドイですね。実際どうなんでしょうか。
そーいえばWikipediaの解説でも評判はあまり芳しくないですね(w

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E9%80%9A
とりココさんによる [2006年06月23日 01:31] の投稿。No.2
ちなみに博報堂さんのリンクポリシーも似たような感じなんですけどね…
とりココさんによる [2006年06月23日 01:38] の投稿。No.3
再び参上です。
Wikipediaの内容さっそく見てみました。
評判も気になったのですが、それより「鬼十則」とかいうのが目に留まりました(w
納得できるものと「おいおい、えらく体育会系やなっ」と思うものが・・・。ある意味宗教かと(ちょっとそれは言い過ぎかな)

博報堂も同じような感じなんだ・・・。そうなのか・・・。
リンクポリシー、わからん事もないですけど(そりゃ誰だって変なサイトからリンクされたり変な使い方されると嫌ですしね)でっかい会社ほど内にこもるみたいな所があるのかなぁ。ヨソの世話にはならないぜーみたいな。それともこれらのでっかい会社って意外と怖がりなんですかね。でかいだけに社会的責任も大きいわけだし、足ひっぱられるような事は避けたいとか。

何はともあれ、私も4時まで頑張ります〜。同じく仕事も溜まってるし・・・。
Redさんによる [2006年06月23日 02:00] の投稿。No.4
追伸。
後の記事のプレゼン資料、さっそくDLさせていただきました(w
「アクセスは倍増になる!…」のオチがいいなぁ。とりココさんらしいというかなんというか(w

やっぱりあなたは最強です(w
Redさんによる [2006年06月23日 02:02] の投稿。No.5
>>4

やはり電通さんのところは「ハンドルネームで運用されているサイト」というニュアンスが目新しかったんでしょうかね。

結局、大手・中堅などにかかわらず経営陣がWebサイトを技術的な視点で判断せずに、サイトポリシーも「サイト制作したときに制作会社が提案してきたもの」に少々手を加えるぐらいの感じで作成されているような気がします。

…やはり個々の企業で良いWebの運用ディレクターが育つのは難しいことなのでしょうかね。
とりココさんによる [2006年06月23日 11:59] の投稿。No.6
>>5

ありがとうございます。
ちょっと大急ぎで作ったもので内容が薄いのですが暇つぶしのネタになれば幸いです。

#個人事業とかだと社内でプレゼンなどもしないのでこんなときの資料作りが大変です…

結局ブログも「続けてみないとわからない」ってところはホームページと一緒ですね。

あ゛ー、サッカーは負けちゃいましたね。前半のゴールには血が騒ぎましたが…
とりココさんによる [2006年06月23日 12:04] の投稿。No.7

コメントまたはトラックバックを投稿する

コメントを投稿する





トラックバックを送信する

この記事へのトラックバックURL:
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/disctop/50538316

メニューとコンテンツ