メニューまで移動する

とりココBlog - 福島県郡山市のITブログ

生活スタイル効率化のジレンマ

2006年05月08日

生活スタイル効率化のジレンマ

ゴールデンウィークをエンジョイできなかった逆恨み的記事ってわけではない。はず。

世の中には「ウォルマート化」という言葉があります。(中略)これが進むと地域の商業が空洞化する上、貧困で時間的にも余裕のない労働者が増え(特にシングルマザーなどは子供の面倒も見られません)、地域の購買力が低下し、ウォルマートとか100円ショップみたいなところでしか買い物が出来なくなるよーなイメージでしょうか(これは大げさだけど)。多分犯罪も増えますね。労働者をまともな人間ではなく奴隷として扱うことで安い商品が提供されるわけです。現在世界中でこういうことが起きています。グローバリゼーションの負の側面の象徴みたいなものですね。

ウォルマートは世界最大の小売ストア。つまりスーパーマーケット。
で、これができた地域で商業が空洞化、貧困層が増すという指摘。

ちょっと興味深かったので、そうなるまでのプロセスを勝手に考察。

ウォルマート化による生活の効率化と低賃金化

とにかくウォルマートができることは消費者にとってメリットがある。

  • 買い物が一度で済む
  • 同じものが安く手に入る

で、これが地域経済の生態系を崩す。

  1. 人々の時間が余る(多数の消費者、および消費者を奪われた小店舗の社員)
  2. 賃金の水準が低下する(需要と供給のバランスが崩れる為)
  3. 労働者の購買能力が下がりディスカウントストアに依存せざるをえなくなる

で、結果的にウォルマートのひとり勝ちになる、という構図、かな。

効率化を追い求めた先にあるもの

ウォルマートの戦略は、「消費者の生活を効率化する」ことが「低コスト」に繋がるところを上手くついている。地域経済の生態系を再構成するまでは投資フェイズでかまわない。いずれウチが勝つ、というやりかた。

皮肉なことに、人々が生活スタイルの効率化を求めるが故に時間的・金銭的余裕が無くなる、という負のスパイラル。

この状況を打破するには

  1. 地域ぐるみの団結で計画的に乗り切る
  2. 周りの人々の生活スタイルの効率化を圧倒的なスピードで上回る
  3. 地域経済に依存しない収入源を持つ

ってとこかな。

そしてこれはスーパーマーケットのみならず、ITにしても同じ事が言えるので、まーいろいろと考えながらやっていきたいところ。

関連記事

スポンサードリンク

コメントとトラックバックを読む

この記事へのコメント

「ウォルマート化」という言葉初めて知りました。確かに最近安いネットショッピングを利用することが多いです。ネット価格で同じものが安く買えますからね。でも最近は「ういたお金」で別のものを購入するようにしています。例えば、白河のバス会社「さくら交通」の高速バス。郡山〜東京間が2000円なんです。安すぎですよね!私はこのバスよく利用しますが新幹線代と比べて浮いたお金で福島のお土産を友人や家族に沢山買って帰ります。これで地域貢献にもなりますから。やはり地元の企業にはがんばって欲しいですよね!
郡山のうさぎさんによる [2006年05月09日 20:37] の投稿。No.1
こんばんは。
地方在住、かけだしWEBデザイナーです。
WEBデザイナーの方たちのブログを検索していて
こちらにたどりつきました。


気になる記事が多そうなので
お気に入りに登録させていただきました。

また遊びに来ますね。
ちほさんによる [2006年05月11日 23:09] の投稿。No.2
>>1
>>郡山のうさぎ様

> 確かに最近安いネットショッピングを利用することが多いです。

けっこうネットショッピングって食わず嫌いな人が多いような気もするんですが、やりはじめるとはまっちゃうんですよね。

> 浮いたお金で福島のお土産を友人や家族に沢山買って帰ります。

素晴らしいです。福島県もなにか名産物をもっとアピールしてくれればいいんですけどね。

地元の名産を広める人がもっと増えてくれるといいなぁと思ってます。
とりココさんによる [2006年05月12日 08:54] の投稿。No.3
>>2
>>ちほ様

はじめまして。同業ですね。

> 気になる記事が多そうなので
> お気に入りに登録させていただきました。

ありがとうございます。
変な記事も多いんですがよろしくお願いします。
とりココさんによる [2006年05月12日 08:55] の投稿。No.4
とてもおもしろい記事でした。世の中目先の利益だけみていると危ないですね。

ドラさんによる [2007年11月07日 12:50] の投稿。No.5

コメントまたはトラックバックを投稿する

コメントを投稿する





トラックバックを送信する

この記事へのトラックバックURL:
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/disctop/50486120

メニューとコンテンツ