メニューまで移動する

とりココBlog - 福島県郡山市のITブログ

Webディレクトリ検索の将来は?

2005年12月07日

Webディレクトリ検索の将来は?

師走のせいか最近ネット上に面白いネタが少ない気がする。自分だけ?

好調なYahoo!JAPANが次の一手「Yahoo!カテゴリ」を一新

検索エンジンの切替の効果も上がって絶好調なYahoo!だが、その分価値が下がってしまった感のあるディレクトリ検索「Yahoo!カテゴリ」にもテコ入れをしたようだ。

Webディレクトリ検索の現状は?

既に衰退の一途を辿っているかのように思えるWebディレクトリ検索。そこでWebディレクトリの現状とその将来について考えてみたい。

Yahoo!カテゴリ - Yahoo! JAPANのディレクトリ検索

非商用サイトの審査は無料。商用サイトは5万2500円の審査・登録料がかかる。

Yahoo!JAPANの検索エンジンが切り替えられた今もその存在感は大きく、業界随一のディレクトリといっていい。しかし、それでもディレクトリ型検索の欠点である情報量の少なさ・リンク切れ等を完全にカバーされているとは言い難い。

Jディレクトリー(Jリスティング)

livedoor、exciteなどが採用。登録審査料は31,500円。大手ポータルサイトと提携していることが特徴。

登録サイトにはややばらつきがあるものの、ディレクトリ名が直感的でわかりやすく「目的のカテゴリ」まではたどり着きやすい。

Looksmart カテゴリー

@nifty、freshEYEなどが採用しているディレクトリ。

最近は提携ポータルが減ってきている感じだが、登録サイトの水準は依然高め。

Googleウェブディレクトリdmoz

有志のユーザーによる登録が特徴。なので登録申請は無料。しかし人気のないカテゴリへの申請では登録までに数ヶ月を要することもある。

サイトの順番をPageRankで並べてくれるので有用な場面もあるが、深いディレクトリになると悲惨なところも多い。

ちなみに技術と環境さえあれば、自分のサイトにdmozディレクトリを設けることも可能。

Webは「サイト単位」から「ページ単位」へ

加速度的に拡大を続けるWebページに人力によるディレクトリ検索が追いついていないことは明白だ。dmozについてはWikipediaのようにもっと多くのユーザーが集まれば可能性もなくはないが、そもそもディレクトリ検索の設計コンセプト自体が時代遅れである感は否めない。既にWebは「サイト単位」から「ページ単位」へと比重を移している。

Yahoo!カテゴリ型でもなくタウンページ型でもなくGoogleローカル型でもない

今からYahoo!カテゴリのディレクトリを構築するのは現実的でなく(たとえそれがターゲットを絞ったリンク集であっても)、タウンページの情報を用いるのも情報量の面で不足があり、Googleローカルをみてもアプローチ的に無理がありそうだ。

ディレクトリ型検索の欠点をカバーする第三のディレクトリ

最後に現在のディレクトリ型検索の欠点を挙げておく。

  • 情報の登録・管理の手間が膨大
  • サイトの格付けが難しい
  • 利用者が定着しづらい

これらの欠点すべてをカバーできるわけではないが、もうすぐ第三のアプローチをお見せできると思う。

スポンサードリンク

コメントとトラックバックを読む

この記事へのトラックバック

 ヤフーは12月6日、「Yahoo!カテゴリ」のトップページを新設した。新機能として、履歴表示や人気順表示などを導入している。Yahoo! JAPANの検索エンジンが変更されて、「Yahoo!カテゴリ」の登録は必ずしも必要ではない、といった声も聞く。果たして、今回の「Yahoo!カテゴリ...
"ヤフー担当者が語る「Yahoo!カテゴリ」の新機能とそのメリット(前編)"の続きを見る  >>
【通販旬報ニュース】 による [2006年01月23日 13:07] の通知。No.1
何事も投資が大事だとおもっていますので、僕の主力サイトをJディレクトリーに登録してみようかな?と考えています。投資額は3万円程度。 狙いはYahooの検索順位アップです。 でも、何も調べないで登録するものもったいないですので、記事検索してみてからにします。...
"JlistingのJディレクトリー登録はアクセスアップに効果があるか?"の続きを見る  >>
【アフィリエイト実践メモ。月100万が次の目標です。】 による [2006年04月14日 12:26] の通知。No.2

コメントまたはトラックバックを投稿する

コメントを投稿する





トラックバックを送信する

この記事へのトラックバックURL:
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/disctop/50240666

メニューとコンテンツ