メニューまで移動する

とりココBlog - 福島県郡山市のITブログ

「地方ブロガー」から見た「東京ブロガー」

2005年11月21日

「地方ブロガー」から見た「東京ブロガー」

最近「東京ブロガー」と「地方ブロガー」についての記事を目にするので「地方ブロガー」としての見解を少し。

やっぱりネットの花形は東京

なんだかんだいってもネットの花形は東京だなと日々感じる。あの、ネット上のやりとりにある「となりのネットユーザーは東京の人だろう」という感覚は、東京の人にしかわからないと思うが、地方の人からすると結構な違和感がある。

まあ、これは自分だけかもしれないが、そんなやりとりの中に無言のハラスメントを感じてしまうのは地方人としてのひがみなんだろうか。しかしそれにしてもネットに占める東京の人の割合は多すぎる(というか地方が少ない)。いつの間にかネット自体が「東京PRツール」になっているんでないかと思えるほどだ。そこに昨今の首都圏回帰の原因を探すのは…チト飛躍しすぎか。

実は地方人のほうが全国的な視野を持っている…気がする

ところで前に東京でタクシーを捕まえた時の話。運転手さん(東京生まれ東京育ち)に「東京の人は歩きますよね」と話しかけると「はい?田舎の人のほうが歩いてるでしょう」という返事が返ってきた。

東京の人はそう思ってしまうんだろうが実際は違っていたりする。地方の交通手段のメインは電車ではなく車なのだ。田舎に行けば行くほど人は歩かない。

たまに地方に目を向けるのもいいかも

東京で成功しているネットサービスが地方で成り立たないという話はゴマンとあるが、それは何もネット人口が少ないだけが原因ではないはず。

  • 「路線から検索」「最寄り駅」に区分された情報はほとんど使い物にならない。なぜならあまり利用しないから。「東京では」便利なんだけど。
  • 載せる情報が少ないからといって「福島県」などと都道府県単位のみで区分された情報。これももちろん使い物にならない。100kmとか離れてますから。ごめんなさい。

と、いうことで地方にはやっぱり地方ならではのサービスが必要…なはずなんだけどこれがまた難しかったり。

とりあえず「サービスが無い」から「使わない」ために情報リテラシーが向上せず、結局もって「サービスが成り立たない」という負のスパイラルからは抜け出さないとなぁ、とはつねづね。

#あんましブロガーネタじゃなくなってしまった。結局東京ブロガーの集いがうらやましかっただけかも。よし、ここは郡山ブロガーのつど…

スポンサードリンク

コメントとトラックバックを読む

この記事へのコメント

こんばんわ。
東京の力が強いってのは感じますね。ブログの訪問数だけ見ても、自分のブログに一番訪問しているのは東京のユーザーですし。しかし最近ちょっと東京の方の心無い話をきいて若干地方贔屓で物事を考えてる私ですが(w

地方は「車」だからっていうのはすごく共感します。実家がそんな感じでした。今は電車やバスがメインですけどね。
つーか、私神戸ってそんな田舎だと思ってなかったんですけど、大都会の人には『田舎』みたいでまたまたカルチャーショック(w
Redさんによる [2005年11月21日 22:04] の投稿。No.1
>>1
>>Redさま

> しかし最近ちょっと東京の方の心無い話をきいて…

読ませていただきました。実は触発されて書いたような記事なんですが、ちょっと話題が離れていたのでトラックバックは控えてみました。

> 大都会の人には『田舎』みたいでまたまたカルチャーショック(w

いやいや、神戸も大都会ですよ。150万都市じゃないですか。
とりココさんによる [2005年11月22日 08:42] の投稿。No.2
地方のネットが不活発なんじゃなくって、地方ってそれぞれの地域によってカルチャーが違いすぎるから、その土地土地に向けたトップダウンなサービスをネットで展開するにはサービスの恩恵をうける人が少ない地方より、コモンカスタマイズされた都市部をターゲットにしたほうが効率がいい、だから名の通ったネットサービスがでてこない、というだけのような気がしますよ。これからこれからー
くいっぱさんによる [2005年11月22日 12:28] の投稿。No.3
>>3
>>くいっぱ様

> 地方ってそれぞれの地域によってカルチャーが違いすぎる

本当にそうなんですよね。
と、いいますかネットに繋がってさえいればネット上の文化≒東京の事情を地方にいながらにしてわかりますので、上京したらすんなりととけ込んでサービスを作っていける、というところに最大の理由があるような気がします。そして有望な人材のいなくなった地方は…

> これからこれからー

自分もこれからだと思ってます。食い込んでいきたいところです。(笑)
とりココさんによる [2005年11月22日 13:01] の投稿。No.4
はじめまして。
私は東京在住ですが、同じような違和感は感じています。
大阪出身なので、東京・大阪の両方に詳しいので、「はてな」で
「東京の不動産事情教えて下さい」
「東京の食べ放題の店教えて下さい」
のような質問に(東京・大阪なら)回答していますが、
単に「食べ放題の店教えて下さい」と「東京の」を省略した
質問が多い。
で、「あなたの質問先は東京ですか大阪ですか」と突っ込むことが多い。

質問者自身、「回答者は東京人が前提」と思いこんでしまっています。

実際、「はてな」では実感としては1都3県比率は70%位じゃないですか?
一応アンケートでは50%という数字でていますが。

URL先は「はてな会員が首都圏偏重なのはオカシクないですか」という質問です。
スルッとKANTOさんによる [2005年11月23日 09:28] の投稿。No.5
>>5
>>スルッとKANTO様

> 質問者自身、「回答者は東京人が前提」と思いこんでしまっています。

そうなんですよ。よく来る迷惑メールとかでも「これから会いませんか?」的な事が書いてあったりしますが、「いやいや、ふぐすまですから」と福島弁で突っ込みたいときがよくあります。

> 実際、「はてな」では実感としては1都3県比率は70%位じゃないですか?

ネット全体もそうですが「はてな」は特に比率が高い気がしますね。
あの情報リテラシーの高さは東京ブロガーが多くないと成り立たないと思います。すごく羨ましいのも確かです。
とりココさんによる [2005年11月23日 11:20] の投稿。No.6
レスありがとうございます。

ごめんなさい。
私の運営しているBBS(首都機能移転の掲示板・URL先)で
貴ブログを無断引用してしましました。
スルッとKANTOさんによる [2005年11月24日 08:22] の投稿。No.7
>>7
>>スルッとKANTO様

わざわざご報告ありがとうございます。
引用元が明記されていれば、どの文章においても自由に引用していただいてかまいません。ぜひ有効に再利用していただければと思います。
とりココさんによる [2005年11月24日 08:37] の投稿。No.8
>「となりのネットユーザーは東京の人だろう」という感覚は、東京の人にしかわからないと思うが、地方の人からすると結構な違和感がある。

自分はSNSのmixi( http://mixi.jp/ )でよく発言したり討論したりしてますけど、左程首都圏に偏っていないんですよね。もっとも、地域毎にコミュニティが出来ているから、地方のネチズンが発言し易いと言うことなのかも知れないのですけど。

>ネットに占める東京の人の割合は多すぎる(というか地方が少ない)。

>地方にはやっぱり地方ならではのサービスが必要…なはずなんだけどこれがまた難しかったり。

地方の東京信仰の根源って東京の経済力や先進性にあるんじゃないかと思うんですけどね。地方においてこそ東京(首都圏)以外のチャネルを閉ざしていたりすることが多いので、結局のところ東京のフィルターを通さないと地方の方で受け入れられないのではないでしょうか?
杉山真大さんによる [2005年11月24日 21:33] の投稿。No.9
>>9
>>杉山真大さま

mixiは、ユーザー数が100万を超えたあたりから随分と首都圏集中の傾向がうすくなりましたね。(自分が入会した時点50万前後の時は半分近くが首都圏)

しかしもっと全体的な、無数にあるユーザー数の少ないサービスでは首都圏集中は著しいと感じております。地方のネットユーザーには集まる場所がないんですよ。そういった意味ではmixiは「キラーネットサービス」の一つになりつつあるように思います。

> 結局のところ東京のフィルターを通さないと地方の方で受け入れられないのではないでしょうか?

まったくその通りだと思います。原因は、大半の地方発・地方向けサービスが信頼を失っているというところにある気がします。信頼できるサービスと有用な情報さえあれば地方でもサービスは成り立ちます。問題はその数とポータルサイトの存在をどこにするかを決めかねている(もしくはない)ところでしょうか。
とりココさんによる [2005年11月25日 10:01] の投稿。No.10

この記事へのトラックバック

ブロガーの東京人率をはてなで聞く
"ブロガーは東京人が多いのか?"の続きを見る  >>
【DLAREME】 による [2005年11月22日 23:49] の通知。No.1
インターネットが普及したことで、都会と田舎の格差というのはずいぶん減ったような気がしていたのですが・・・ ほんの10年くらい前までは、うなポンとかエグゼとかで書いたように、同一局番内にアクセスポイントが無くて、ネットをやるにも(と言っても当時はパソコン通....
"地方と都会の情報格差"の続きを見る  >>
【無ブロでビブロ】 による [2005年11月25日 17:20] の通知。No.2

コメントまたはトラックバックを投稿する

コメントを投稿する





トラックバックを送信する

この記事へのトラックバックURL:
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/disctop/50220821

メニューとコンテンツ