メニューまで移動する

とりココBlog - 福島県郡山市のITブログ

放送2.0時代のコンテンツ配信*

2005年10月25日

放送2.0時代のコンテンツ配信*

先日購入した携帯がFeliCa対応だったので、使ってみたくて対応のカラオケで試しに行ってみる。詳細はつづきから。

有線リクエストをご存知だろうか。よく店舗BGMとして流れている有線放送の視聴者リクエストチャンネルだ。リクエストには電話を用いるが、数年前でもCDを手作業で入れ替えるという超ロートルな手法が使われていて、そんな光景を目の当たりにした時はある意味で驚きを隠せなかった。(今のシステムがどうなっているかは存ぜぬが)

ユビキタス+ブロードバンド時代の放送事業

最近ではユビキタスネットワークという言葉をよく耳にするが“ユビキタス”とは常時接続の意。つまり電話線やテレビ電波のように確立されたネットワークインフラを指す。で、いよいよインターネットもその仲間入りができそうなので、音楽配信から映像放送までをこれで代替しようっていう話が、まあ、盛り上がってきてはいる。

しかし放送の将来として語られるものは「いつでも見れる」「好きなものだけ買える」といったオンデマンドのメリットを強調するばかりで、どれを取ってみても現実味がないものばかりである。

では、将来、実際にインフラがインターネットに置き換わったときのコンテンツ配信はどういった形態を成すのだろうか、ということを考えてみた。

放送2.0時代の花形はプロデュースチャンネルか

といったところで話は有線リクエストに戻る。要は同じようにネットを使ってユーザーのリクエストを取り入れ、人気チャンネルを作っていく形が一般的になっていくのではないだろうかという話。

コンテンツ配信業者は、音楽であれ映像であれコンテンツ配信元から一括してコンテンツを買い入れ、それを複数のプロデュースチャンネルとして配信していく。この形であれば視聴者に主体性を強いるコンテンツの選択の必要性が薄れ、さらに情報の共有においてメリットがある。

そんな風に考えてみたら、まさに有線放送の「チャンネル」をそのままネットに置き換えただけのものになってしまった。…まあ、そんな将来が来てもWebの重要性は変わらないだろう、てなところで話を締めておこう。

#なんかぐちゃぐちゃ…

参考記事

非常ベルの押し方

さりげなくタッチ

交番に押し入ったニートのその後

なんともいえない悲しい気持ちになる...

だまし絵

絵うますぎ。

笑い。一瞬の幸せ

スベると地獄。

ブログを書くことのデメリット

いわれてみれば。自己顕示欲と自己完結のバランスが難しいね。

今田耕司もメイド喫茶

いっしょに行って「兄貴」のコントがやりたい。

ビデオiPodにセクシービデオ

まさに予想通り。

岩手県がITでがんばってるっぽい

おもしろいおもしろい。

清陵祭@須賀川

オーマイ母校清陵情報の学園祭が話題です。だから校歌が恥ずいんだってばよw

それと悪いが卒業生として、否、Webクリエーターとして一言いわせてもらおう。産業教育フェアの教育方針間違ってますからー

#ヒマだったら行ってみたいが…

今日の地元ブログ

郡山を中心に福島県のブログを勝手に紹介&トラックバック。

頑張ろう! 福島市!』さん
福島市&福島市民 応援ブログなり。
注目の記事:「Vol.4 (鉄道との相互乗り入れをせよ!)

福島県の県庁所在地である福島市を応援されているブログです。単に「盛り上げよう!」というだけのブログではなく、現実に則したアイデアを沢山もっておられる点が素晴らしいです。

注目の記事もその一つで、なんでも鉄道と車道を相互乗りれすることができる気動車があるらしいです。うーん、悲しくも時刻表がスカスカな福島県にはぴったりですね。いわきで実証実験されている相乗りタクシーと小型バスの交通システムとあわせて関心を持っていきたいです。

今日の一枚

久々にカラオケ。はじめてclubDAMの会員カードで遊んでみる。

なにコレ。すげえ面白い…ってなわけでムキになってカラオケランキングでバトル。

Mr.children「潜水」のclubDAMランキングバトル

Mr.Childrenのアルバム「I LOVE U」の一曲がトップ10入りしてくれた。なにコレ。すげえ嬉しい…

まあ相手が機械なのでマイク音量とかエコーとかを調整すると点数も上下するみたい。今度は本気でハッキングしてくれよう(w

#なんかほとんどのミスチルの曲で一位を取っている「Taka-K(北海道)」さんを倒すべしww

スポンサードリンク

コメントとトラックバックを読む

コメントまたはトラックバックを投稿する

コメントを投稿する





トラックバックを送信する

この記事へのトラックバックURL:
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/disctop/50166718

メニューとコンテンツ