メニューまで移動する

とりココBlog - 福島県郡山市のITブログ

無断リンクと感情論*

2005年08月08日

無断リンクと感情論*

実はとある人からリアルトラバの旅参加希望の旨のお知らせをいただいた。うーん、でもどうなんだろ。ちょっと未定です。

いつもお世話になっているRedLineさんに興味深い記事が立ったのでトラックバックさせていただく。

記事を要約させて頂くと「承認無しリンクは是か非か」について論じられている。この問題は実に根深く、特にディープリンクに関しては世界各国で裁判にまで発展している始末。解決なんかにはほど遠いが、とりあえず自分の考えをまとめてみたい。

最大の難点は「感情論」であるということ

この問題が解決を見ない最大の理由は「感情論」である処だと思う。どんなに他人がW3C云々、公益云々、と説得を試みたところで「生理的にイヤッ!」といわれた時点で議論はストップしてしまう。

さらに問題を複雑にする「リンクできてしまう事実」

さらにこの問題に輪を掛けているのが、どんなに否定の意思表示をしたところで「URL」がユニークである以上(認証制などの措置を執らない限り)「リンクできてしまう」という"事実"だ。

否定の意思表示をしているにもかかわらず意志は蹂躙される。もう泥沼。

一番の被害者は?

「とにかくユーザー本位の社会がいいなあ」という自分の意見は置いといてRedLineさんの記事が伝えるとおり「企業対企業」時にこの問題はやっかいになる。

なぜなら個人サイト、匿名掲示板、巷のブログではバンバン無断リンクをやってくれているおかげで、“コストの掛かった企業サイトが個人サイトに利便性で劣ってしまう”という構図になってしまうからだ。

勘弁して欲しい現状。

「答え」は出ないが…

じゃあ、いっそのこと全部FLASHにしてください。

怠惰と生産性

デザインやプログラム・ロジックは、寝ている時も、街を歩いてる時も、ブログを書いている時ですら頭の片隅で考えている。だからこそ少しはマシなものを作れると思っている。効率性の話は耳に痛い。

モチベーションを維持できるので、ペア・プログラミングできたら効率は上がると思う。相手がいないだけで。

iTunes Music Storeの音質はCDリッピングよりも良い?

へー。CD→サウンドカードがデジタルだと違う?

中国の奇病@まとめサイト

こういう情報は報道機関よりネットが迅速かぁ。なるほど。

室井佑月がオタクを斬る!

恥ずかしながらムッときてしまった。オタク云々の話ではなくて見下した文章に。テレビで「なぜ小説家になられたんですか?」という質問に「目立ちたかったからです。」という素直な答えには共感したんだが…

#やはり反感を買ったらしく経歴暴露が…こういうのもどうかとは思うが。

いいことしったす〜

クレームがつかないのかな?と思った矢先。

内閣府発行の「男女共同参画白書」にモノ申す!

概ね同意。でも最後のところにある「暴力」を男性が持っているということは常に女性からするとストレスなんだろうなぁ、とは思う。

現代人は「自分の時間」が必要?

納得するところは多い。んでも「このような理由による。」と言い切っているのは危険性を孕むと思う。低リスク=三高じゃないか(w

男性の「真意」訳する辞書が登場

笑える。

#最近恋愛話が多い?たまたまです(w

福島県代表「聖光学院」甲子園で1勝!

うっしゃあ!白河の線は越えられないだって?最近は温暖化で雪が降らないから冬も練習できるようになったんだぜ!

#聖光学院と桐光学園って紛らわしいな。

今日の地元ブログ

郡山を中心に福島県のブログを勝手に紹介&トラックバック。

BUONA FORCHETTA★』さん
Buona Forchettaはイタリア語で"食いしん坊"の意。イタリア大好きなmanaのイタリアもどきな食生活。いつでもイタリアをそばに感じていたい今日このごろ。
最新記事:「料理教室の準備状況

日常と共にとても美味しそうなイタリア料理を掲載されています。今度料理教室を開かれるらしいです。すごい!

文章からとてもイタリアに対する情熱が伝わってきます。うーん、好きなことを追いかけるという事はとても素晴らしいことですね。これからがもっと楽しみなブログです。

今日のわんこ

近所の犬をお借りして散歩なんかしている。あまりに可愛いので掲載。

ばんこ

#暑さにヨダレが…(w

スポンサードリンク

コメントとトラックバックを読む

この記事へのコメント

referer全部チェックして、はじいて…。
じゃあreferer偽造して…。
…もう会員制サイトにしる!
とか。
俺の思うには、無断リンク・直リン禁止などを、するほどの意義があるサイトなのかー?と思うサイトが大多数。でも、気分的に嫌な物はしょうがないんでしょうけど。
サイトを家に例えて、無断リンク禁止を訴える人もいるくらいですからね。
ふくふく21さんによる [2005年08月08日 12:53] の投稿。No.1
> referer全部チェックして、はじいて…。

.htaccessを弄れればそれも可能なんですが、強制もできないし…
そしに圧倒的に「できない」人の方が多い。
難しいですね。

利用規約やリンクポリシーを読解するのがものすごく手間なので
robots.txtのような形で用意してもらえればラクなのにな、とは
常に思います。

> サイトを家に例えて、無断リンク禁止を訴える人もいるくらいですからね。

論点が全く違うのでW3Cの理想を追う人は聞く耳を持たないし「生理的にイヤ!」な人はさらに思いを深めるだけですね。

永田町のヒトタチが「無断リンクOK!」と印字された「COOL LINK」シャツを着るほかないですよ。これは。(w
とりココさんによる [2005年08月08日 18:01] の投稿。No.2
こんにちわ。トラバありがとうございます。
個人的には「リンクして便利ならいいじゃん」「自分のサイト、無料で宣伝してくれてるならいいじゃん」って感覚なのですが、やっぱ会社、クライアント、リンク先とか絡むとどうしようもない時もありますね。感情論・・・うん。そこまで根底部分を言われるとホントそこで終わりですよね(焦)生理的に嫌、もあるけど、クライアントサイドからすると、自社のプライドが〜みたいなつまらん考えもあるみたいです。

ふくふく21さんの
>無断リンク・直リン禁止などを、するほどの意義があるサイトなのかー?
にはかなり同感です。そういうの徹底してるサイトに限って中身なかったりね・・・。なんのために外部へのリンクが可能な仕様になってるんだか・・・。

> サイトを家に例えて、・・・
うちの家、知らん間に電話帖に住所氏名電話載ってますが・・・無断リンク?
Redさんによる [2005年08月09日 11:06] の投稿。No.3
> 「リンクして便利ならいいじゃん」
> 「自分のサイト、無料で宣伝してくれてるならいいじゃん」

間違いないですね(笑)

「無断リンク禁止」のサイトへ実際に「リンク承諾願」のメールを送ってみると「どーぞどーぞ」という返事が来るか、返答が無いかのどちらかで「お断り」はされた試しがないです。

「無断リンク禁止」を謳うのであれば、キチンとした「リンク承認プロセス」を執る義務があると思うのは自分だけでしょうか。

> うちの家、知らん間に電話帖に住所氏名電話載ってますが・・・無断リンク?

無断リンクですね。リンクは越後谷さんに「金のおまんじゅう」でお伺いをたててもらってからじゃないとダメです。(笑)
とりココさんによる [2005年08月09日 13:52] の投稿。No.4
こんにちはー。
私もたまにあります。無断リンクされるの。
いきなり評論されていたりして、びびります。
でもウェブ上に出ているなら、非難・中傷でない限り、黙認するしかないかなーと思いますよね。
無断はキモチワルイですけどね。
でも、私も無断リンクを貼ることがあるので、あんまり人のこといえないかもー!
ユウさんによる [2005年08月09日 16:45] の投稿。No.5
> でもウェブ上に出ているなら、非難・中傷でない限り、黙認するしかないかなーと思いますよね。

防衛手段も少ないですし、またそのほとんどが匿名なのが問題ですね。
そういえばだいぶ前に乙武氏がいいこと言っていたので引用させてもらいます。無断リンクで(笑)しかも消えてる記事ですが。
http://web.archive.org/web/20030619161929/http://www.ototake.jp/mail/2003/06.10.html

> 無断はキモチワルイですけどね。

やっぱりそうですか。匿名対匿名での繋がりは難しいんですよね。でも魅力がある。…ううむ。

> でも、私も無断リンクを貼ることがあるので、あんまり人のこといえないかもー!

自分も記事を書く毎に(事後報告の)無断リンクをしてます。(笑)
まだ怒られたりトラックバック拒否されたことはないのでありがたいですね。コメントまでいただいたぐらいにして。
とりココさんによる [2005年08月09日 18:23] の投稿。No.6
とりココ様

はじめまして。おそくなりましたがTBありがとうございました。
紹介していただいて幸いです。
準備中の料理教室も正式に募集開始がはじまりました。


地元ブログ紹介のコーナー、私も今後楽しみにしております。

manaさんによる [2005年08月16日 18:08] の投稿。No.7
>>7
>>mana様

勝手な紹介・トラックバックに、コメントまでありがとうございます。

> 準備中の料理教室も正式に募集開始がはじまりました。

スゴいですよね。影ながら応援させて頂きます。

> 地元ブログ紹介のコーナー、私も今後楽しみにしております。

こちらこそ料理教室の近況報告を楽しみにしてます。
がんばってください。
とりココさんによる [2005年08月17日 03:25] の投稿。No.8

コメントまたはトラックバックを投稿する

コメントを投稿する





トラックバックを送信する

この記事へのトラックバックURL:
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/disctop/29810000

メニューとコンテンツ