メニューまで移動する

とりココBlog - 福島県郡山市のITブログ

ブログの真価は未来に?*

2005年07月09日

ブログの真価は未来に?*

先日サポートで学校に伺ったら「来週で(前期の)授業終わりですよ」ってな話を聞いて得も言われぬ気分に。月日は百代の過客にして行かふ年も又旅人也…思わず詠んでしまう。パクリだけど。

ブログの価値は?

流行りモノは何でもそうなんだが「ブログの価値」についても賛否は分かれる。100万人以上が週に一度は更新するというブログのごった煮情報は、かつてない勢いで膨張し続けており、そこを漂う「情報ハンター」は有益な情報を歓迎する一方で無益な情報には嫌悪感を抱かずにはいられない。

ブログは自ら「読み返す」ものでもある

実はちょうど1年前に始めた「匿名ブログ」を持っている。否、「持っていた」と言うべきか。今は例のごとく「更新停止ブログ」としてWWWの埋め立て地に深く眠っているワケで…

最近になってそのブログを読み返してみた。すると、これがやけに面白い。まるで古いアルバムを開いた時のように「その時」の感情がリアルに蘇ってくる。そこでふと、これもひとつの「ブログの真価」だわなあ、と思うようになった。

「良いブログ」のカタチ

もう少し多くのブロガーが「1年後、10年後に読み返す」事を漠然とでも感じながら記事を書くことができれば、今のブログ界隈も少しはマシになるのではないか、と考えたり。もちろん「日記ブログ」に限っての話ではあるが。

少なくとも自分はアフィリエイトをベタベタ貼りまくった自分のブログを将来読み返したいとは思わないなぁ。

#はっきりいって「放置ブログ」は誰にも見せられないほどヒドイのに。なんか偉そうな文章…

衝撃!Googleの宣伝トラックバック対策

要はGoogleが「言及リンクのないトラックバックはすべてスパム認定」している可能性が高いことがわかった、という話。スパムかどうかは管理者の裁量で決められるものだがSEOを意識するとそれもままならなくなってしまった。

以上の理由で言及リンクのないトラックバックはすべて削除し、また今後禁止させてもらう。あとで告知もしとこう。ちなみにこれはビジネス的な判断であって、言及リンクの無いトラックバックそのものを否定するものではないということを付け加えておく。

7/10訂正。誤読の可能性も出てきたので「rel="nofollow"」で対策することに。

Webに見る「伝言ゲーム」

引用元が「毎朝新聞」という架空の新聞のハズが、あるところから「毎日新聞」にすり替わってしまっている。時系列で見ると「犯人」がわかるか。ちなみに「Musical Baton」も「Music Baton」にすり替わっているのをまま見かける。

誰でも出来る!Amazon画像の修正法

便利で簡単。

漫画でわかるネチケット

わかりやすすぎ。

地元のキャンペーン「ちょっと便利帳」

iPodはもらったも同然。そういえば教え子も働いてるっけ。行きつけの飲み屋には当局アナウンサーがたまにいる。

スポンサードリンク

コメントとトラックバックを読む

この記事へのコメント

こんにちわ〜。うちもついに明らかなるトラバが来ました。しかもエロ系。リンク元削除ページ。うちのブログみたいなローカルなブログにトラバ貼っても意味ないのに・・・とか思いつつ即削除。なんなんでしょうね、奴らは。

いつもながらドラゴンボールネタ、笑えますね。とりココさんとこからのリンク先、どれもおもろいので大好きです。これからもおもしろいネタ期待してまーす。
RedLineさんによる [2005年07月09日 14:02] の投稿。No.1
ん?上のコメントなんか変でした。「明らかなトラックバックスパムが来ました。」が正解。誤字脱字多くてすいません(焦)一回投稿したコメントも自分で修正できたらいいのに・・・。
RedLineさんによる [2005年07月09日 14:04] の投稿。No.2
>うちもついに明らかなるトラバが来ました。

同じく宣伝トラバきてます。困ったものですね。日に2、3件来るのでその度に「ブログの再構築」。一番の被害者はライブドアかもしれません。(笑)

>とりココさんとこからのリンク先、どれもおもろいので大好きです。

うわー、ありがとうございます。ただの個人的メモだったりもするんですが、見てもらえるとうれしいです。これからもよろしくです。
とりココさんによる [2005年07月09日 20:10] の投稿。No.3

この記事へのトラックバック

とりココさんのブログ「ブログの真価は未来に?」へのトラックバック 以下3行とりココさんのブログより引用 最近になってそのブログを読み返してみた。すると、これがやけに面白い。 まるで古いアルバムを開いた時のように「その時」の感情がリアルに蘇ってくる。
"将来ブログを読み返したら"の続きを見る  >>
【RED LINE】 による [2005年07月09日 14:37] の通知。No.1

コメントまたはトラックバックを投稿する

コメントを投稿する





トラックバックを送信する

この記事へのトラックバックURL:
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/disctop/27238975

メニューとコンテンツ