メニューまで移動する

とりココBlog - 福島県郡山市のITブログ

次のブログのトレンドは「消す」技術かと

2005年04月17日

次のブログのトレンドは「消す」技術かと

ブログの勢いは衰えないが

ブログは素晴らしいサービスだ。たとえ技術的に枯れたものであっても、ここまで利用者が増えている事実がその価値を物語る。

しかし皮肉なことに急激な利用者の増加によってシステムの慢性的なレスポンス低下、記事の冗長性増加が頭をもたげる。つまり「重くてつまらな記事が多くなっている」。結果、「使えない」「つまらない」「読まれない」という価値の逆転現象が起こっていると推測される。

WWWも一緒だった

今回はテーマを「冗長性の低下」に絞る。「重い」のはライブドアに頼むなり献金するなりするほかないので。ちなみに最近 livedoor Blog Pro を購入したのはその限りではない。

冗長性の増加、それは大元であるWWWの問題でもあった。WWWの歴史は冗長性の増加に抗う歴史でもある。

WWWの歴史を動かした「2ch」「Google」といったサービスも「人気のあるものを露出させる」という技術があってこそ、今の不動の地位があるものだと考える。

ブログは安易なランキングでは計れない

奇しくも現在、ここライブドアBlogのランキングシステムの不備が騒がれているが、それにしてもブログを安易なランキング付けて計れるものではないように思う。それはブログの精神こそlong tailの精神だと感じるからだ。

究極のブログ・システムとは

たぶん「究極のブログ・システム」とは「メーラー」だと思う。つまり「OutlookExpress」に代表されるようなMUAで取得できる記事。RSSとは少し畑が違って、嫌いな記事・作者はフィルタリングして、既読の記事は消える。

前哨戦として

是非とも現在のブログシステムに「消す」ボタンの追加を願う。画面がリフレッシュされるのも嫌なので是非AJAXで。そのための「アカウント」ではないか。

スポンサードリンク

コメントとトラックバックを読む

コメントまたはトラックバックを投稿する

コメントを投稿する





トラックバックを送信する

この記事へのトラックバックURL:
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/disctop/19151680

メニューとコンテンツ