メニューまで移動する

とりココBlog - 福島県郡山市のITブログ

コメントスパム対策の提起と対策の限界

2005年04月13日

コメントスパム対策の提起と対策の限界

トラックバック対象記事

※この記事を参考にするとよりわかりやすく読めます。

コメントスパムとは?

自動化されたコンピュータプログラム(bot)が無作為にコメントを発信する行為。

【目的】宣伝。SEO対策。

【被害】冗長性の増大。邪魔。

専門的な話でスマセンが…

既存のシステムの改善に奮闘されている方々に触発されて、―――せっかくブログを書いてる事だし―――考えてみたい。(チトこのブログの本来の目的とは違うんだが…)

黒田さん謹製の対策システム

フォームの送信先アドレスをスパム対策サーバーに書き換え、IPアドレスや禁止キーワードをチェック後、正しい送り先アドレスにリダイレクトする。現在、 概ね有効なようです。すばらしい。

もっとシンプルなのはどうか?

このシステムが有効なのであれば、botは<FORM>のACTIONをきちんと解釈していると判断される。なら、もっとシンプルに<FORM>の部分だけJavaScriptのdocument.writeで書き出すってのはどうか?もしくはACTIONを偽アドレスにしといて、JavaScriptで"上書き"するとか。

どちらも根本的解決には…

しかし、どちらも場当たり的な対策にすぎないらしい。livedoorブログが排出するソースを見てみるとコメント送信先アドレスはURLから容易に作成できるアドレスであるからだ。

嘘だけど

livedoorブログランキングの欠陥を明らかにする公開実験ブログみたいに回避不可能なコメントスパムbotを作って"公開実験"してみようか。なーんて。

本音は…

コメントスパムすら来ないので寂しい。

んでも、高名なブロガーの方々にとっては「コメント不可」にするしか根本的な対策が見つからないって現状は心細い限りであろう。

スポンサードリンク

コメントとトラックバックを読む

コメントまたはトラックバックを投稿する

コメントを投稿する





トラックバックを送信する

この記事へのトラックバックURL:
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/disctop/18822242

メニューとコンテンツ