メニューまで移動する

とりココBlog - 福島県郡山市のITブログ

デジタル格差は次の段階に

2005年04月05日

デジタル格差は次の段階に

Web解析技術が熱い

ドッグイヤーの文字通りWeb系企業のM&Aが加速している。もうすでにWebの花形は検索精度を競い合うことではなく、いかに集客して、いかに広告をより多く表示させるかにステージを移行している模様。前哨戦としてWeb解析に優れた企業に白羽の矢(でもないかも)が立つ。

ちなみにYahoo!は大手アフィリエイト(Web広告代理店)であるバリューコマース買収と手堅くバント。米国では検索エンジン3番手のAskがあたりまえのように買収される。about.comの買収はちと畑が違うか。

日本企業は微妙?

んで日本ではなにをやっているかというと、ちょっと微妙な感じがする。いや大手はそれなりなんだけど、livedoorなりgooなりが未だ「ネットを使っていない人への訴求」に重点をおいているところをみると、Web上の囲い込みではなくリアルから取り込んだ方が効率が良いらしい。つまり一般への普及がまだまだ。それにYahoo!JAPANへの依存が強すぎる。

なんだかなー

アメリカと比較なんかしてしまうと日本のWebは提供側・利用側ともに質が低すぎる。リアルも含めると惨状。地方はもっと惨状。

なんとかしたいもんだ。

スポンサードリンク

コメントとトラックバックを読む

この記事へのコメント

当方の記事へのコメントありがとうございました。

いや,ホントにわが国のITとかWebとかの利用
実態は悲惨ですね。当地では,Webに特化した会
社は,例外なく貧乏で死にそうか,すでに路線転換
しています。ITで利益を出しているのは数社で,
大体,ハード売り中心のOA商社で,従来のメイン
フレーム系に強いところだけですね。県内のWeb
制作で1,2を争うところでも,Web事業は赤字
で困っていますから。いわんや,PHPやRDBを売りに
しているところは閑古鳥ですよ。ほんとに何とかし
ないと,と思います。
貧乏社長さんによる [2005年04月08日 22:11] の投稿。No.1
数年前に「Web制作」っていう市場は食い荒らされましたね。
Webの中の市場は大きくなっても、入り口や縁がない世界の市場開拓は全くと言っていいほど進んでいないように思います。

Webを事業にするのもいいんですケド、実際にその穴を埋めさせられる「自称Webクリエーター」の従業員は大変でしょうね。
とりココさんによる [2005年04月09日 19:37] の投稿。No.2

コメントまたはトラックバックを投稿する

コメントを投稿する





トラックバックを送信する

この記事へのトラックバックURL:
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/disctop/18059450

メニューとコンテンツ