メニューまで移動する

とりココBlog - 福島県郡山市のITブログ

WEB制作にパートナーはアリ?

2005年03月22日

WEB制作にパートナーはアリ?

WEB制作にパートナーはアリ?

なんとなく飲んだくれ

巷では三連休だったので誘われたりなんだりして夜は駅前なんかで飲んだくれる。くだらない話に花を咲かせていたら、地元不動産屋さんが物件検索用のWEBサイト構築に興味をもっているらしい話が出る。とりあえず先方とコンタクトを取れる格好にしてもらって、また飲んだくれる。営業マン(友人)に感謝。

話は変わって、本題

そんな“つて”ばかりの営業も何なので、今後の営業活動に対しても多少考えていたりする。要は、問い合わせはちょくちょくあるんだけど損益分岐点にたどり着けそうもないご依頼が多くて自ら断ったり、予算が取れないからひたすら安くだのでなかなかうまくない。「客のことなど知らん。ウチは制作屋だ。」と請けてしまえばそれなりに儲かりそうなもんだが、それもまたうまくない。

少なくてもダメ。多くてもダメ。

んで、一番の難点が「オーダーを取りすぎてもダメ」ってトコ。オーダーを取りすぎてあっぷあっぷしつつ信用を損ねたり、他の方に中間取って丸投げする方もチラホラ。それでいいんかい。

パートナーになりませんか?は多いけど

そんな問題を払拭しようと「信用できる方、パートナーになりませんか?」はよく見かける。互いに弱点を補いつつ、オーダーの変動を減らし、大きな仕事にも対応できる―――そんなメリットばかりに思える「パートナー制」だが、これには個人的に悲観的。もちろん理由もある。

下請けするのはやっぱダメ

あくまで自分の経験則でしかないが、今まで外注として仕事をさせていただいたサイトは、まー、みんな死んでいらっしゃる。アドバイスをしようにも、(頭越しもイカンので)元請けにしても自己保身のために揉み消してくれたり、金銭的に割が合わないなどの障害が多い。…なんで、結果的に生き生きしてるサイトはみんな直接請けたもののみ。そんな現実があるのでもう下請けは(内容次第だが基本的に)ヤメにすることに。

結局は一つ一つ丁寧に

結局は“一つ一つ丁寧に”しかないかなーという結論に。まー、今後はちょっとずつネットなり名刺なりで地道にやってくのがベストか。…にしてもすぐにオーバーフローしそうだなぁ。自分が外注出すのはやっぱアリだわなー。

制作実績の指標を渇望

しかし(脈絡がないが)外注するにあたって、WEB制作屋を選ぶ基準みたいなものが欲しいなーとはいつも思っている。特に中小企業向けの。

サイト制作数では巷のWEB制作会社にはかなわんが、売上げや効果を競わせれば絶対に負けない自信がある。ブログっていうシステムが、これほどの効果を上げている理由を「作りやすい」だの「更新しやすい」だのと言っている制作屋さんに頼んでも効果は期待できないと思うんだが。

スポンサードリンク

コメントとトラックバックを読む

コメントまたはトラックバックを投稿する

コメントを投稿する





トラックバックを送信する

この記事へのトラックバックURL:
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/disctop/16909338

メニューとコンテンツ