メニューまで移動する

とりココBlog - 福島県郡山市のITブログ

なんで英語やねん

2005年01月15日

なんで英語やねん

Englishと日本語、どちらをクリックしますか?

WEBは移り変わり〜

私がビジネスとしてWEBに携わっているのはここ1,2年であるが、実質的なキャリアは5,6年になる。今まで訪れたサイトは無数にあり、良いサイトも悪いサイトも目にしてきて、主観的ではあるが時系列でWEBの移り変わりを感じている。

見た目は上がったと思うが…

確かに個々のサイトの見た目・デザイン面では、その"質"は向上している。しかしWEB全体としては、実質的にはあまり向上していないんじゃないか、とも思っている。

未だに思う"WEBデザイン"

とにかく、言いたいのはこの一点。なんでみんなリンク(アンカーリンク)の文字に英語を使うか、だ。なにげにWEB制作会社自身のサイトなんかに多くみられるのだが、そりゃあ、アルファベットの方が視覚的にはよろしいのだけど、別に美術鑑賞でないんだから、それはないだろうとか思う。「文字ちっちぇえな」も同様。

大体が「印刷屋の片手間にWEB制作もやります」なので、ツールとしてのWEBデザインはまだまだ立ち後れている。


大口を叩いてばかりだが

それでもそんな制作会社は着々と制作実績を重ねており、制作数では全く歯は立たないのが現実だ。しかし依頼者が着目すべきは、そんな"作品"の中に一つでも繁盛しているサイトがあるかどうか、という点にある。サイトを保有しているだけで企業のステータスになる時代はとうに過ぎ去った過去だ。これからのステータスは「サイトが利益に結びついているかどうか」である。


結局は営業かよ

はい、それもあります。でもそれほど効果に期待しているわけでもないんで、まー好きにやります。経験上いえるのは「一人で制作管理できるサイトはがんばって10サイト程度」そして「本当にWEBサイトをもつべき企業は少ない」ということですね。そりゃあ制作費さえもらえば制作もしますが、前もって「やめたほうがいいですよ」とは言います。だから、ダメなんだな。ハハー

スポンサードリンク

コメントとトラックバックを読む

コメントまたはトラックバックを投稿する

コメントを投稿する





トラックバックを送信する

この記事へのトラックバックURL:
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/disctop/12350663

メニューとコンテンツ